セラミック栽培 くわしいしくみ

セラミック栽培とは、高温で焼成した特殊セラミックに植物の根を接触させ、
根に水を直接供給して植物を栽培する栽培方法です。
この特殊セラミックは毛管力を発生させる大変小さな空隙(直径3μm以下)を数多く持っています。
セラミックの下端あるいは給水用のヒモを水に浸けておくと、
セラミックや給水用のヒモが持つ毛管力によって、
セラミック全体の小さな空隙に水が移動し保持されます。
植物はこの保持された水を利用して生きています。
また、水は毛管力によって移動しているだけなので、
セラミック表面にしみ出してくることはありません。
つまり、植物が必要とする水だけを植物が吸収・利用し、
植物が消費した水だけが下部の水源からセラミックに補給されるのです。
したがって、通常の土栽培のように植物に過剰の水を与えて根を腐らせたり、
灌水が不十分になり植物を乾燥枯れ死させる事がありません。

模式図で追ってみましょう。

1 2 3
セラミックを水に浸けると... 毛管現象でセラミックは水を吸上げ 根に水と酸素が供給される 

特殊なセラミックは毛管力を発生する大変小さな空隙を数多く持っています

この空隙の大きさは直径3 μm 以下です。

植物の根はセラミックの表面に摂食しています

セラミックの下端を溶液に浸けると・・・

毛管力によって、栽培溶液が空隙を通じてセラミック全体に広がります。

溶液は毛管力によって移動しているだけです。
セラミック表面に染み出してくることはありません





植物は、根に触れているセラミックから栽培溶液を吸収し、利用します。
同時に酸素呼吸できます。

植物が溶液を吸収すると、下部の水源から、植物が消費した量だけが、毛管力によってセラミックに補給されます。
この循環は、水がなくなるまで継続します。


まとめ

@セラミックの毛細管現象によってセラミックに水が保持される
A植物自身の力で必要な水分のみを摂取
B植物が使った分の水のみセラミックに自動的に補給される

いかがでしょう。
おわかりいただけたでしょうか。