4.2 植物の病中害
 ①事前に防ぐ方法

  植物は人間と違い、病虫害にあうと回復するということはありません。
  ですから何よりも事前に防ぐと言うことが重要となります。

  虫害、とりわけ多くの植物が被害に遭いやすいハダニ・カイガラムシを事前に防ぐには「乾燥を防ぐ」事です。
  これには葉水を与える事が非常に効果的です。
  夏場1日に一度、冬場は1週間に一度、それ以外は2~3日に一度を目安に定期的に葉水を与えて下さい。

葉水の与え方

  病気を防ぐ=菌の侵入を防ぐということですが、実際に菌の侵入を防ぐことは不可能に近いです。
  それに菌が侵入したから必ずしも病気にかかるという訳でもないので、あまり神経質になる必要はありません。
  できるだけ普段から清潔な環境を整えてあげると共に、植物に何か異常がないかをいち早く察知してあげる事が大事です。

  植物に異常が見られた場合、その箇所を除去して下さい。
  あげれば、それ以上の繁殖を抑えることが出来、被害を最小限に留めることができます。

  どうしても心配な場合は、市販の殺菌剤を置いておくのも一つの防止法です。
  その場合は目的にあった薬剤を選び、薬剤の使用上をよく理解した上でお使い下さい。

 ②病中害の対処法

 
     
back